勃起障害に使用するカマグラゴールドの特徴と注意点

カマグラゴールドは、インドの製薬会社が開発・販売しているED治療薬のジェネリック医薬品です。カマグラは種類が豊富で、水に溶かして飲む発泡剤タイプや、フルーツ味のついたゼリー状やチュアブルタイプなどがあります。その中でもカマグラゴールドは正当な錠剤のタイプで販売されており、50mgと100mgの規格で流通しています。日本では特許の問題から正規ルートで流通していないので、購入するためには個人輸入などのインターネットを使った通販を利用することになります。主成分をシルデナフィルとしており、他のED治療薬と同様にPDE5阻害薬に分類されるので、勃起障害の改善に有効的な薬となります。カマグラゴールドは主に流通している規格が100mgだけなので、50mgを購入するのが困難となっています。妥協して購入する人も多いですが、注意しなくてはならないのが、100mgは成分であるシルデナフィルがその量だけ含有しているということであり、多量の成分であれば勃起障害に大きな効き目がありますが、その分だけ頭痛やめまいなどの副作用が出やすくなるということです。効き目が強すぎると感じた場合は、ピルカッターなどで半分に切るなどして、使用量を抑えるようにしましょう。勃起障害のための治療薬なので、それ以外の人が使用すると危険を伴うこともあるので、使用には十分に注意します。特にED治療薬全般に言えることですが、血圧に変化を起こす薬なので、狭心症などの基礎疾患のある人は使用が制限され、低血圧の人にも影響を与えることがあります。ニトログリセリンなどの硝酸剤は併用禁忌とされ、降圧剤などの使用も注意が必要となっているので、血圧に関する不安がある人は、服用する前に医師に相談しておくことが必要です。